「順序逆なら違う結果も」 夫公判の裁判員男性 2歳長男虐待死(産経新聞)

 「この証言を聞いていれば、判断は180度とは言わないまでも、90度は変わる」。共犯の夫の公判で裁判員を務めた後、菅野理香被告の公判を傍聴した裁判員経験者の男性は、こう感想を漏らした。

 菅野被告の公判で弁護側は「夫の暴力を恐れ、虐待を止められなかった」と主張し、検察側はそれを否定した。菅野被告が夫を恐れていたかどうかは、情状面での争点となった。

 しかし、夫の公判で「暴力」は検察、弁護側ともにまったく触れなかった。夫の量刑を判断する上で“重要なポイント”が隠された形となった。男性は菅野被告の判決で求刑懲役10年に対し、懲役7年と軽減されたことに理解を示した。その上で「公判の順序が逆だったら、違った結果になっていたかもしれない」と疑問を呈した。

 裁判員裁判での分離公判の難しさも浮かぶ。

【関連記事】
2歳長男虐待死で母親に懲役7年 地裁判決
「夫の暴力怖くて…」責任なすり合い、親らしい姿最後までなく 2歳長男虐待死
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判、なぜ長男だけ標的…夫婦仲悪い時の子に愛情注げず

落語 桂米朝さんに玄孫弟子誕生 月亭天使さん(毎日新聞)
よど号事件40年 残留組の意地(産経新聞)
介護福祉士の在留資格検討=歯科医師らの就労制限撤廃−出入国計画(時事通信)
<火災>駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場(毎日新聞)
<普天間移設>北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討(毎日新聞)
[PR]
# by 95fvtwn8qh | 2010-04-02 00:57

10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)

 2010年度予算は24日夕の参院本会議で、民主、社民、国民新の与党3党などの賛成多数で可決、成立した。自民、公明、共産各党は反対した。成立日は昨年より3日早く戦後5番目。ガソリン税暫定税率の水準維持やたばこ税率引き上げなどを盛り込んだ税制改正関連法など予算関連法も成立する。
 夏の参院選をにらみ、鳩山由紀夫首相は今後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をはじめとする政策課題に全力を挙げる。政府・与党は、子ども手当支給法案と高校授業料無償化法案も月内に成立させる方針で、国家戦略室を局に格上げする政治主導確立法案や官僚答弁を制限する国会改革関連法案などの審議を急ぐ。与野党の攻防は続き、各党の選挙準備も本格化しそうだ。
 予算審議で野党は、首相と小沢一郎民主党幹事長らの「政治とカネ」の問題を徹底追及。小沢氏らの国会招致を求めて与党を揺さぶったが、与党は一切拒否。衆院での自民党の欠席戦術が批判を浴びたこともあり、予算審議は与党ペースに終始した。
 10年度予算は、子ども手当などマニフェスト(政権公約)に掲げた目玉政策を盛り込んだ結果、一般会計総額は過去最大の92兆2992億円。また、景気低迷による税収不足で新規国債発行も最悪の44兆3030億円に達した。政府・与党は予算執行により、景気が早期に回復軌道に乗ることを期待している。
 一方、税制改正関連法成立で、たばこは10月に1本当たり5円(販売価格ベース)値上がりする。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<傷害容疑>中3長男と口論、殴り重体 38歳父逮捕 愛知(毎日新聞)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も(産経新聞)
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 95fvtwn8qh | 2010-03-30 23:32

児童虐待 過去最多 21年、子供が申告も(産経新聞)

 全国の法務局が平成21年に救済手続きを始めた人権侵害のうち、児童虐待は前年比15・6%増の725件、インターネット上の嫌がらせの書き込みは52・6%増の786件で、いずれも過去最多となったことが26日、分かった。

 法務省人権擁護局は、虐待について「児童からの申告が増え、潜在化していたものが浮かび上がってきたのではないか」とみている。

 人権擁護局によると、人権侵害の総数はここ数年は横ばいで、前年比0・9%減の2万1218件。暴行・虐待が5099件と最も多く、うち家族による児童虐待は4年連続で増えた。

 法務局が全国の小中学校を通じて配った「子どもの人権SOSレター」を使い、叔父からの性的虐待を申告、児童相談所に保護されたケースもあった。

 プライバシーを暴露するようなネット上の嫌がらせも毎年増加。法務局は81件でプロバイダー(接続業者)らに削除を求めた。

<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
原宿・竹下通りのイベントで多数倒れ 13歳少女がケガ(産経新聞)
吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
<普天間移設>鳩山首相「県内」強く示唆(毎日新聞)
[PR]
# by 95fvtwn8qh | 2010-03-27 19:32

インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で入院中の女性患者(94)が一時意識不明になり、血中から高濃度のインスリンが検出された事件で、この患者の電子カルテにうその血糖値を記入したとして、公電磁的記録不正作出などの容疑で逮捕された同病院の看護師、木原美穂容疑者(24)が京都府警の調べに、インスリンの投与を認める供述を始めたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。府警は殺人未遂容疑で近く木原容疑者を再逮捕するとともに、慎重に裏付け捜査を進める。

 捜査関係者らによると、女性は同病院の循環器内科に入院していた昨年11月14〜16日、低血糖状態に陥り一時意識不明になったが、その後回復し、現在は退院している。

 木原容疑者はこの患者を担当する看護師の一人で、調べに対し「私が投与しました」と必要のないインスリンを投与したことを認めたという。

 府警は、投与を認める供述だけでなく、木原容疑者の勤務状況と患者の容体が変化した時間を照らし合わせるなどして、インスリン投与にかかわった疑いが強まったと判断した。

【関連記事】
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相
「患者が感謝してくれない」 肋骨折った看護師が動機供述 
カルテ虚偽記入の疑いで京大病院の看護師を逮捕 京都府警
西成看護師殺人未遂事件 無念の時効成立
51歳看護師、女性に導入剤飲ませ昏睡強盗容疑

<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
雑記帳 鉄道ファンの聖地に新施設(毎日新聞)
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
<原口総務相>自殺報道照会「今後、十分に注意」(毎日新聞)
DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)
[PR]
# by 95fvtwn8qh | 2010-03-26 12:54

<日韓歴史研究>「教科書」溝埋まらず 継続危うく(毎日新聞)

 日韓両国の有識者による「日韓歴史共同研究委員会」は23日、第2期研究の報告書を公表した。第1期で激しい議論となった「近現代」など3分科会に加え、歴史教科書に取り組むため新たに設けた「教科書小グループ」でも従軍慰安婦問題の記述などで歴史認識の溝が浮き彫りになった。委員間には「国益に有害」との意見もあり、今後も政府レベルによる共同研究を継続できるか不透明だ。

 報告書は「古代」「中近世」「近現代」「教科書」の各章で、日韓双方の委員論文と批評文などを掲載する。

 報告書で韓国側は、従軍慰安婦問題について、96年に日本の全7種類の中学校教科書で言及していたが、05年には2種類に減り、強制性を示した記述がなくなるなど「縮小の一途をたどっている」と指摘。理由について「政治・社会的状況の保守化」と断定した。

 これに対し、日本側は「韓国は従軍慰安婦と女子挺身(ていしん)隊とを混同している。挺身隊はあくまでも軍需工場での勤労動員に限定される用語だ。青少年に『戦場と性』という難題は教えるべき事項なのか、教育現場のためらいもある」と反論した。

 また、日本側は、韓国の教科書で多用される「日帝」の概念が「あいまい」と批判。戦後日本の「平和憲法」に関する記述がないことを指摘し、韓国の教科書に明記するよう求めた。昭和天皇以降の反省の「お言葉」や、植民地支配と侵略に対する反省とおわびを表明した95年の村山富市首相談話についても記述を求めた。【中澤雄大】

 ◇ことば 日韓歴史共同研究

 01年教科書検定で「新しい歴史教科書をつくる会」主導の中学歴史教科書が合格したことに韓国が反発し、日韓関係が悪化。事態を打開するため、同年10月の小泉純一郎首相と金大中(キム・デジュン)大統領(当時)の首脳会談で、歴史共同研究の開始で合意した。第2期研究委は07年6月から教科書の記述ぶりなどを議論していた。報告書は約2500ページ。

【関連ニュース】
慰安婦訴訟:中国人女性の上告棄却 最高裁
韓国:李大統領就任2年 支持率上昇
記者の目:正三角形論は日米「破談」=重村智計
海南島慰安婦訴訟:上告を棄却
李・韓国大統領:就任2年、支持44% 前年に比べ10ポイントも上昇

野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査(産経新聞)
暴風、関東でけが人=千葉で瞬間38メートル−高波、竜巻など警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
<訃報>永山光幹さん90歳=刀剣研磨師(毎日新聞)
<DV>認知件数、過去最多 ストーカー行為も…09年(毎日新聞)
[PR]
# by 95fvtwn8qh | 2010-03-24 08:23